京都市上京区 仁和寺のペインクリニック、内科、整形外科、皮膚科の「かどのクリニック」です。神経ブロック・在宅ホスピス・痛み・禁煙治療などのご相談等もお気軽にご相談下さい。

在宅ホスピス

在宅ホスピス

ホスピスは、癌、難病、慢性疾患終末期に、身体的・精神的苦痛を取り除きながら、限られた時間をより人らしく、自分らしく生きるための支援です。症状が進行性に悪化して行く時期ではありますが、痛み、苦痛をうまく管理し、様々な社会的資源、医療的援助を利用しながら、ご本人やご家族にとってより満足度の高い時間を送ることができるように支援することが重要です。

在宅ホスピスいくつかの病院で入院でのホスピスも可能になってきていますが、やはり本当の安らぎの場は家族にいつも囲まれたご自宅ではないでしょうか。ご自宅でも様々な保存的治療は、入院と同程度に可能です。ホスピスというというのは、よりよく生きるためのサポートであって、死を待つだけの場所ではありません。人生のこのような時期においても、ご自宅でお過ごしになることが人間らしく最後まで生きることの基本であると考えます。

多くの方の場合、退院後大変な思いをしながら通院し、通院できない状態になってから、入院しても治療はないと言われ、あるいは、家族が24時間付き添うようにいわれ、私たちのところにご相談にいらっしゃる方が多いのですが、ご自宅でよりよい時間を過ごすためには、ご自身の生活に応じた身体的サポート、精神的サポート、福祉器具・ヘルパー派遣などのハード面でのサポートが必要で、お体の状態のある程度良い時期からご相談いただくことが大切だと思います。

在宅ホスピスでできること

身体的治療

手術や大きな機械を使用した検査以外の内科的治療は在宅で可能です。
具体的には、こちらご覧ください

精神的治療

ご本人・ご家族の不安に対するサポートの基本は、ゆっくり話し合うと言うことだと思います。在宅医療では、病院の外来や忙しい病棟に比べて時間に余裕があり、治療や処置をしながら、いろいろなお話しを聞かせていただくことが可能です。

家族のケアー

在宅医療ではご家族の協力も不可欠で、私たちと一緒に医療に参加していただくことが多いのですが、その中で、ご家族の考え方、ご希望、不安なども共に考える時間が十分にあると考えております。また、ご家族を亡くされた後、残されたご家族とも連絡を取り、様々なご相談に対応することができます。私たちも大切な方を亡くされたご家族同様、思い出を共有していきたいと考えております。

福祉用具・ヘルーパーなどの福祉サービスのアレンジ

ご本人・ご家族の希望をお聞きしながら、日々変化する症状に応じた福祉用具や介護職員(ヘルパー)の手配などをすることが可能です。

終末期のがん患者や神経難病の患者様、またその御家族が「何とかしてください」という時、現代の医療機関(病院や一般のクリニック)では、癌の縮小手術や縮小するための(大きくならないための)化学療法などを行うのが現状です。 ただ、もう治らないとわかっている患者様やご家族の気持ちは癌が少し小さくなっても苦しみながら死んでいくより、

  • 目前の痛みをとってほしい
  • 不安を取り除いてほしい
  • 自宅に帰って最後を迎えたい
  • 安らかな最後を迎えたい

などが本音でしょう。
(日本ではまだまだこの分野が欧米に比べ遅れており、治らないものは治療ではないという観念のため、ターミナルケアの分野が遅れています。そして、医療関係者と患者様またその御家族との間にギャップを生じます。)
 
このような治療が選択肢として悪いとはいいません。
ただ、もうひとつの選択肢として、今ある苦しみを少しでも和らげ(緩和治療)残された時間を大切に使おうというターミナルケアという考えも重要なのです。

診療時間

診察時間
9:30~12:00
往診
14:00~17:00
17:30~19:30

休診日日曜、祝祭日、土曜日午後

クリニックのご案内

〒602-8342
京都市上京区仁和寺街道千本西入五番町165

京都駅から・・・50系統
阪急四条大宮駅から・・・6、8、46、55、201、206系統
二条駅から・・・6、8、46、55、201、206系統

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:075-461-6976

当院駐車場完備
クリニック前駐車場
※クリニック前の駐車場が満車の場合は
受付までご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © 2017 かどのクリニック All Rights Reserved.