京都市上京区 仁和寺のペインクリニック、内科、整形外科、皮膚科の「かどのクリニック」です。神経ブロック・在宅ホスピス・痛み・禁煙治療などのご相談等もお気軽にご相談下さい。

ペインクリニックとは?

ペインクリニック

 かどのクリニックのペインクリニックとしての特徴は、他の方法では「取り除けなかった痛み」の多くを神経ブロック療法という手法を使用することで緩和・治療することです。

 様々な病気や症状の中には「痛みを取る」ということを目的とするものも存在します。ペインクリニックでは、これらの「痛み」を取るための治療を行います。
 例えば、椎間板ヘルニアや各種の神経痛などがその代表的なものになります。癌による痛みなども、内科や外科の治療を受けていただきながら並行して痛みの治療をお手伝いするという方法もあります。

 神経ブロック療法とは、痛んでいる神経やその神経の近くに痛み止めの薬を注射することで、痛んだ神経そのものを治療するとともに、周囲の血流を良くすることで個々の治癒力を促進させるものです。
 この神経ブロック療法には様々な種類があり、症状や経過に合わせて方法を変えながら治療を進めます。
 専門家による薬の処方により、投薬による「痛みのコントロール」も行います。一般の痛み止めでは効果が出にくかった痛みにも効くことがあります。

次のような症状の方は、お気軽にご来院ください。

膝・腰の痛み
  • 肘が痛い
  • 手が痛い
  • 手に力が入りにくい
  • 歩くと足が痛む
  • 歩くと足が重くなる
  • 階段の上下がつらい
  • 足がしびれる
  • 足が痛い
  • 膝が痛い
  • 背中が痛い
  • 腰が重い・腰が痛い
  • 肋骨が痛い

首の痛み

  • 頭痛、首の後ろが痛い
  • 眼の奥が痛い
  • 首、肩の痛み・こり
  • 五十肩と言われた
  • 肩が上がらない

顔の痛み

  • 顔の痛み(三又神経痛)
  • 顔のまひ(顔面神経まひ)
  • 帯状疱疹の痛み
  • 舌の痛み
  • 目のまわりが痙攣する(眼瞼けいれん)
  • 癌の痛み
  • 手術後の痛み
  • 自律神経失調症
  • 更年期障害
  • 赤面症
  • 多汗症

「痛み」は感じ方が様々で、本人にしか分からずはかり知れないものです。
腰痛、肩痛、腎部痛、顔面痛、肛門痛、眼の痛み、手術後の痛みなどがある方は、是非一度ご相談ください。

 神経ブロック療法は交換神経をブロックすることにより、「花粉症」「多汗症」「赤面症」などの治療も行えます。
 神経ブロック療法とは普通の注射のように、症状を直接的に治療する薬を体に入れたり、手術して悪い部位を切り取る治療ではなく、個人の治す力をサポートする治療法です。

当院では「痛みの大きさ」を測定します

PAIN VISION
知覚・痛覚定量分析装置 PS-2100
PAIN VISION

PAIN VISIONPainVisionはどれほど痛みを感じているかを数値で表す装置です。
皮膚に電極を貼り付け、ハンドスイッチを持って電流知覚閾値(いきち)と痛み対応電流を測定します。
最後に「痛み度」を算出して痛みの大きさを数値化します。

※電流知覚閾値は刺激を感じる最も弱い刺激量を測ります。
※痛み対応電流はもともと感じている痛みと同程度の刺激量を測ります。

測定をされる患者様へ  測定の準備をお願いします。

PAIN VISION電極を測定部位に貼り付けます。
写真のように電極を前腕部に貼り付けますので、すぐに貼り付けられる準備をお願いします。
※測定時間は約5分程度です。
※詳しい測定内容はスタッフまでおたずねください。

診療時間

診察時間
9:30~12:00
往診
14:00~17:00
17:30~19:30

休診日日曜、祝祭日、土曜日午後

クリニックのご案内

〒602-8342
京都市上京区仁和寺街道千本西入五番町165

京都駅から・・・50系統
阪急四条大宮駅から・・・6、8、46、55、201、206系統
二条駅から・・・6、8、46、55、201、206系統

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:075-461-6976

当院駐車場完備
クリニック前駐車場
※クリニック前の駐車場が満車の場合は
受付までご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © 2017 かどのクリニック All Rights Reserved.