京都市上京区 仁和寺のペインクリニック、内科、整形外科、皮膚科の「かどのクリニック」です。神経ブロック・在宅ホスピス・痛み・禁煙治療などのご相談等もお気軽にご相談下さい。

神経ブロック別詳細情報

 神経ブロックとは痛みの原因となる交感神経、知覚神経の異常興奮や緊張を除去し、その神経領域の痛み、不具合を断ち切る治療で一時的な痛み止め治療ではないのです。
 自律神経の異常から様々な病気を引き起こすことが知られています。また、これらの異常が改善しないことにより、病気を長引かせたり他の症状を引き起こしたりします。この自律神経をブロックし患者様一人一人の自然治癒力を高め、かつ、体のバランスを整えることにより症状を改善していく治療法です。慢性疼痛、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、多汗症、赤面症、めまい、耳鳴り、自律神経失調症、更年期障害、肩こりなどが多い疾患で、自律神経ブロックを行っている方の中には、視力がよくなった方、体調がよくなった方、糖尿病や高血圧が改善した方もおられます。

神経ブロック別情報

三叉神経ブロック

顔面には三叉神経があります。
眼窩上、眼窩下、上顎神経、下顎神経が痛む時はそれぞれの神経に局所麻酔薬を注射して痛みを取ります。これを何回か行ううちに痛みを改善していきます。
顔面神経痛 三叉神経痛 など顔面の痛みに対して行います。

硬膜外ブロック(頸部/胸部/腰部/仙骨)

腰椎ヘルニア、頚椎ヘルニア、変形性腰椎症、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症、ぎっくり腰、腰痛、腰下肢痛、帯状疱疹後神経痛、癌による痛み、手術後の痛みなどに対して行います。

脊髄の背側に存在する硬膜外腔と呼ばれる空間に針を刺して、薬液を注入します。
この硬膜は脊髄を包んでいる一番外側の膜であり、脊髄の固定に関係しています。
この治療法はペインクリニック独自のものではなく、手術室で広く行われている硬膜外麻酔の手技を応用したものです。脊髄そのものに針を刺すのではありませんのでご安心下さい。

急性期の腰椎ヘルニアやぎっくり腰の方など、歩くのが困難な状態で来院され、ブロック後に痛みがとれ普通に歩いて帰られる方もおられます。

星状神経節ブロック

顔面神経麻痺、顔面神経痛、突発性難聴、ヘルペス後神経痛、メニエール症候群、めまい、耳鳴り、花粉症、アトピー性皮膚炎、更年期障害、自律神経失調症、多汗症、赤面症、肩こり、手の痺れ、RDS(反射性交感神経性ジストロフィー)、CRPS(複雑性局所疼痛症候群)などに対して行います。

頸に左右一対存在する長さ約3cmの交感神経の合流点(神経節)は、頭部、顔面、上肢、上胸部などの血液の流れを調節しています。星状神経節ブロックはこの神経節に局所麻酔薬を注入して交感神経の機能を一次的に麻痺させ、血管を拡張して血液の流れを改善する治療法です。この方法は、ペインクリニックで最も多く用いられているブロックです。

上記の神経ブロックの説明で、自律神経をブロックする最も代表的な神経ブロックでペインクリニックでは最も多く行われる手技のひとつです。
主として上半身の症状に対して行います。

関節内注射 (肩関節、股関節、膝関節)

変形性膝関節症、肩関節周囲炎などに対して行います

トリガーポイント注射

痛みやコリのある部分に直接薬剤を注入する最も安全な神経ブロックです。
肩こり、腰痛、首の痛みなどあらゆる痛みに適応します。

診療時間

診察時間
9:30~12:00
往診
14:00~17:00
17:30~19:30

休診日日曜、祝祭日、土曜日午後

クリニックのご案内

〒602-8342
京都市上京区仁和寺街道千本西入五番町165

京都駅から・・・50系統
阪急四条大宮駅から・・・6、8、46、55、201、206系統
二条駅から・・・6、8、46、55、201、206系統

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:075-461-6976

当院駐車場完備
クリニック前駐車場
※クリニック前の駐車場が満車の場合は
受付までご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © 2017 かどのクリニック All Rights Reserved.